2014レーザー級中部選手権兼シーホッパー級三保選手権帆走指示書(SI)

 

1、競技規則

    1.1 この帆走指示書によって変更のあるものを除き、全レースを通じて国際セーリング競技規則(2013-2016)(以下RRS)日本セーリング連盟規程、インターナショナルレーザークラスルール、シーホッパー級クラスルールを適用する。

    1.2 RRS付則Pを適用する。

2、競技者への通告

    2.1 通告は陸上本部横に設置された公式掲示板に掲示される。

3、帆走指示書の変更

    3.1 帆走指示書の変更は、当日の各クラスの予告信号1時間前までに掲示する。ただし、

       の場合は、それが有効となる前日の20:00までに掲示される。

4、陸上で発せられる信号

    4.1 陸上で発せられる信号は、陸上本部横の信号柱に表示される。

    4.2 シーホッパー旗が音響信号1声とともに掲揚された場合、「出艇を許可することを意味

する」、艇はこの信号が発せられるまでマリーナを離れてはならない。予告信号は、シーホッパー旗掲揚後20分以降に発せられる。

    4.3 シーホッパー旗とともにクラス旗が掲揚された場合は、そのクラスのみ適用される。

    4.4 帆走指示書5,1に示された個別のレースに対してAP旗は掲揚されない。予告信号

時刻の20分前までにシーホッパー旗が掲揚されない場合、そのレースは時間に定めなく延期されている。

5、日程   

    5.1 レースの日程は次の通りとする。

    5月10日()     8:30  受付

                              9:30  開会式+スキッパーズミーティング

                          11:30  Aクラス第1レース予告信号

   Aクラスの5分後にBクラス、Bクラス5分後にCクラス

   引き続きレースを行う。

   第2レース目以降は順番が変わることがある

 5月11日()     8:30    スキッパーズミーティング

  9:30   Aクラス当日最初の予告信号、引き続きレースを行う

                              14:01    以降のスタートは行わない

                              16:00   閉会式              

6、クラス旗    

    6.1 Aクラス     :レーザークラス旗

    6.2 Bクラス    :レーザーラジアル旗

    6.3 Cクラス    :レーザー4.7旗

 

7、レースエリア

    7.1 おおよそのレースエリアを添付図1に示す。

8、コース

    8.1 添付図1はコースを示し、通過すべきマークの順序、各マークの通過する側を示す。

    8.2 コースは、S⇒1⇒2⇒3⇒1⇒3⇒Fとする。

9、マーク

    9.1 マーク1..3は黄色円錐ブイとする。

    9.2 スタートマークは本部艇オレンジ旗ポールとポートの端にある赤色円筒形ブイとする。

    9.3 フィニッシュ・マークは本部艇青色旗と1マークを使用する。

    9.4 スタート後のマークの移動は行なわない。

10、スタートの罰則ルール

    10.1 他のレースのスタート手順の間、予告信号が発せられていない艇はスタートエリアを回避しなければならない。

    10.2 スタート信号後、4分より後にスタートした艇は審問なしにDNSと記録される。これはRRS A4を変更するものである。

    10.3 準備信号に「黒色旗」が展開されない限り、すべてのレースにU旗が準備信号として掲揚され、次のルールがすべてのスタートに適用される。(RRS29を変更)

         「スタート信号前1分間にハル/乗員/艤装の一部がスタートラインの両端と第1マークを頂点とする三角形に入ったと確認された艇は、審問なしにそのスタートを失格とされる。ただし、レースが再スタートまたは再レース、またはスタート前に延期または中止された場合は、失格とはされない。」

    10.4 「黒色旗」の罰則ルールRRS30.3に次の規定を追加する。

         セールナンバーは音響1声とともに2分間以上掲示される。ナンバーを掲示された艇は新たな準備信号以前にレースエリアを離れなければばらない。 

11、コース短縮

    11.1 4レグ以上を消化した場合のみ、コースを短縮することがある。

12、フィニッシュ

    12.1 フィニッシュラインは、フィニッシュライン上に青色旗掲揚しているポールと第一マークの間とする。

13、タイムリミット

    13.1 タイムリミットはRRS28,1に基づきかつRRS30,3に違反しないでスタートした先頭艇フィニッシュ後15分以内とする。

 

 

 

14、抗議と救済の要求

    14.1 抗議書はレースオフィスで入手することができる。抗議及び救済の要求は時間内に提出しなければならない。

    14.2 抗議締切時間は、その日の最終レース終了後60分とする。抗議締切時間が延長される場合には公式掲示板に掲示される。

    14.3 抗議の当事者及び証人への通告は抗議締切時間後30分以内に公式掲示板に掲示される。審問は陸上本部で行なわれる。

    14.4 レース委員会又はプロテスト委員会によるRRS61.1(b)に基づく艇に対する抗議の通告は、抗議締切時間までに公式掲示板に掲示される。これはRRS61.1(b)を変更するものである。

    14.5 付則Pに基づきRRS42違反のペナルティーを与えられた艇のリストは公式掲示板に掲示される。

    14.6 SI 10.1・16・20の違反は艇による抗議の対象にはならない。これはRRS60.1(a)を変更するものである。これらの違反に対するペナルティーは、プロテスト委員会が決めた場合には、失格より軽減することが出来る。この指示に基づく裁量のペナルティーに対する得点の略語はDPI である。

    14.7 RRS66 に基づく審問の再開は、判決を通告された日の翌日の9 時までの間に限り求めることができる。ただし、5月11日に行われたレースについては判決を通告されてから15 分以内とする。これはRRS66 を変更するものである。

15、得点

    15.1 本大会は1日最大4レース、2日間最大7レースを予定し、1レース以上の完了で成立する。

    15.2 大会における各艇の得点は、全てのレースにおけるその艇の得点の合計とする。ただし、5レース以上成立した場合は、最も悪いレースの得点を除外した得点の合計で順位を決定する。これはRRSA2を変更するものである。

16、安全

    16.1サインによる出艇・帰着申告

         選手は出艇前に、レース本部の出艇・帰着申告用紙に自身でサインしなければならない。帰着申告は、選手は抗議締切時間までに出艇・帰着申告用紙にサインしなければならない。これらの要件が満たされなかった場合、選手は審問なしにペナルティを科せられ、当日の全てのレースにおいて失格とされるか2,000円の罰金が課せられることがある。

    16.2 艇の乗員は、海上にいる間は常時、個人用浮揚用具を着用していなければならない。これはRRS4章前文とRRS40を変更するものである。

    16.3 レース委員会は危険な状態にあると判断したレース艇に対し、リタイアの勧告及び強制的な救助を行うことができる。

    16.4 救助艇の助けが必要な場合手を広げて振らなければならない。救助が必要でない場合には手を握って振らなければならない。

    16.5 安全のためにマストトップに浮力体を取り付けることを認める。ただし、浮力体の形状は球体に限り、1ヶ所のロープで取り付けなければならない。コンディションにより、つけたり外したりしてもよい。

17、計測

    17.1 艇の計測および装備のチェックは、レース委員会の判断により大会期間中随時行うことができる。

18、支援艇(コーチボート)

     18.1 支援艇はレース中の間はレースエリアに進入してはならない。

     18.2 支援艇を操縦する者及び同乗者は、いかなる時も艇の運行に責任を持ち、競技

の公平さに影響を与えるような不適切な行為もしくは危険な行為を行ってはならな

い。

     18.3 支援艇はレース中、救助艇と見なされ、大会本部より要請があればいつでもこれ

に応じなければならない。海上におけるレース委員会から支援艇への救助要請は、口頭にて通告する。

19、運営艇 

     19.1 運営艇の標識は次のとおりとする。

       レースコミッティー本部艇    白旗+(スタート時はオレンジ旗を追加)

       ジュリーボート          「JURY」旗

       マークボート           白旗(フィニッシュ時は青旗を追加)

       レスキューボート         白旗

20、ゴミの処分

     20.1 レース艇及び支援艇は水中にごみ等を捨ててはならない。

21、表彰

     21.1 記の通り賞を授与するが、参加艇数よって賞を増やすことがある。

①Aクラスのレーザースタンダード及びシーホッパーの各1位

②Bクラスのレーザーラジアル及びシーホッパー級SRの各1位

③Cクラスのレーザー4.7及びシーホッパー級MRの各1

23、責任の所在

     23.1 本大会の主催者・関係各団体及びレース委員会は、大会前、大会中、または大会後に受けた人的損傷もしくは生命の喪失、または物的損傷に対するいかなる責任も負わない。またスタートするか、あるいはレースを継続するかどうかを決める責任は各艇にある。

添付図 1   会場でお示ししたします。